NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プレゼント

23日、帰国した代表相澤を事務所で迎える。大きな荷物いっぱい背負って帰って来た。

e0058439_3545752.jpg諸々の報告などを済ませてから、わたしへのお土産がひろげられる。今回わたしが東京事務所お留守番係だったので、フランス滞在中のバグダード支部長サラマッドとアマラの夫妻や、ヨルダンはアンマンのハニ・デラ・アリご一家などから、抱えきれないほどのプレゼントを頂戴した。「なんでカオリは来ないんだ! さびしいじゃないか」というお小言を、各地でたくさん浴びせられたらしい。やはり次からはわたしも同行しなくては!(←代表代表、この主張を読んでくださいね!)

サラマッドとアマラからは、「To Kaori our friend」と書いて、独りでもさびしくないようにとくまの縫いぐるみなどなど。かれらが選んでくれたというだけで、ほんとうにうれしくなって、頬が弛緩する。なぜか、代表YATCHがくまをだっこして遊んでいる。

ハニさんのこども達と奥様からは、「I love you」と描かれた桃色のファンシーなカードで、「親愛なるカオリへ。わたし達はとてもあなたを待ち望んでいるし、お願い、再会したいの。ハッスーニもルカイアもナバもムスタファもわたし達みんなカオリ・ラヴよ。今度YATCHが再訪する時には一緒に来てね。ハビビ(愛しいひと)」だなんて、泣かせるじゃないの。そして、ヴィデオ・メッセージまで。家族中でわたしに言葉をかけてくれている。二男のハッスーニなんて踊りまくっていて、ああ、たまらなく愛しい。感嘆符を幾ら放ってもたらないくらい。今すぐアンマンのハニ家に跳んでって、ぎゅっと抱きしめたくなる。ヴィデオを見て涙のしずくを落とすだなんて、おセンチが過ぎるかしらん。繰りかえして見た。ちょっと見ない間に、こどもってのは育ってくんやなあ。
YATCHによると、オム・ムスタファ(ハニさんの奥様)ももう14歳になった長女ナバも二男ハッスーニ以外は、バグダードへは帰りたくないと云っていたらしい。9月にわたしが訊いた時には、バグダードがなつかしい、お友達が恋しい、なんて云っていたものだけど、アンマンでの生活にも慣れてきて、今さらイラク、という感情が芽生えたのだろうか。わたしにはその気もちをどうこう口出しすることなどできない。けれどもどこかで、ぽっかりと穴があいたような感じがする。こうしてわたしの夢からまた、イラクの未来が遠のいてゆくような。そんな自分勝手な寂寥感をつのらせて、ぼーっとするわたしがあった。

そして、ヨルダン人の友人のものは、カラフルな首巻きだの「アイ・ラヴ(ハートマーク)・ヨルダン」の腕輪だのなんだかんだといっぱいつまった袋だった。そして、けっしてきれいではない字で、破ったノートに手書きのお手紙まで。YATCHによると、かれはこのたび危険なお仕事に就くことになったのだという。危険というのは、死と隣り合わせということだ。この溢れんばかりのプレゼントと読めない字で急いで書かれたお手紙、思ってはいけないと思いつつも、これが遺書のように感じて、わたしは首を振る。アンタなんか死んだらぜったい許さへんから。こうなったら、毎日でもメールをくれてやる。もらった首巻きだって毎日のように装着してやる。ほんのりと、アンマンのかおりがするの。今度アンマンで会う時には、1発でも2発でも(平和的に)ぶん殴って、それから一緒にファラフェルを頬ばろう。かれのことを考えてつい放心してしまう、いけない。かれにはかれの人生があり、信念があり、行為があるんだ。わたしはわたしのできることをしよう。次に会うまでは、それしかないんだ。

わたしを思ってくれているひとがいるというだけで、わたしは幸福の渦に巻かれて、とんでもなくハッピーになってしまう。と同時に、責任も湧く。わたしの生きかた、わたしの人生。すぐに会えるかな? 足踏みをして、わたしは再会を待ち望む。インッシャッラー(神がお望みならば)、きっと叶うわね。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-02-27 04:01