NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「共謀罪法案」に反対するNGO・NPO共同声明文への賛同

「共謀罪法案」に反対するNGO・NPO共同声明文に、NPO法人PEACE ONとして賛同・連名し、19日にはその共同記者会見と院内集会へ行ってきた(詳細)。

e0058439_0175682.jpge0058439_018783.jpg賛同団体やメディアの関係者らが、衆議院議員会館の会議室に集まった。呼びかけ団体からの発言、その他の賛同団体メンバーからの発言、そして質疑応答がおこなわれる。
「弁護士会などはたいていどこも反対を主張しているけれど、国際協力、環境など様ざまな分野のNGOが、こうしていっせいに物申すのは、異例のことではないだろうか」と呼びかけ人の星川淳さん(NPO法人グリーンピース・ジャパン事務局長)は感想を述べられた。18日の時点で、168グループが賛同を表明したという。
それほど、この共謀罪という法案に皆、危機感を抱いていることと思う。「日本の未来の展望は如何に?」と、呼びかけ人の櫛渕万里さん(国連特別協議資格NGOピースボート事務局長)もおっしゃっていた。
共謀罪という1つの法律ができるといっても、そのなかに619もの事例があり、実際には619の法律ができるといってもよい。619もあれば権力側はやりたい放題、気に入らない人間やグループがあれば、なんとでもいって逮捕できてしまう。たとえばPEACE ONの場合、イラクのこども達のために支援金を送ろうとすると、イラク武装勢力への協力金だといって、調べを受ける可能性だってある。笑いたいけど、笑い事じゃない。「一般人のわたしには関係ないわ」と思うひともあるかもしれない。けれども実際は、わたし達の普段の生活のどんなことにも適用できてしまう、それが「共謀罪」というこれみよがしな名前のもとに隠されている。国家が国民を監視する、国。そんな法案を、よく吟味しないまま市民がほとんど知らされないまま、通してもいいものか。
保坂展人議員は、「共謀罪を語るときの与党は、異常な空気に包まれている。1999年の盗聴法が採決された時と似た、冷え切った空気」と、国会のもようを語ってくださった(国会の進展の具合は、保坂議員のウェブログで読むことができます)。盗聴法、教育基本法改正(改悪)、入管法改正(改悪)などとリンクして、なにやらとてつもない国になってゆくその大きな曲がり角、それがこの共謀罪という法案だとわたしは感じている。
さらに、わたしが最も恐れているのは、人びとのこころが疑心暗鬼になる社会がやって来ること。法案では、警察に自首すれば罪が軽くなるとある。そうすれば、密告や偽の情報が行き来し、お互いを監視したり陥れたりする世の中になってしまう。これは、イラクのサッダーム・フセイン政権時代の話でなく、これからの日本のお話。息苦しくって、胸が詰まる。冗談じゃない。

フランク・パヴロフ『茶色の朝』にも似た、どこかで読んだフレーズが、あたまをよぎる。

ナチスが共産主義者を弾圧した時 私は不安に駆られた
が 自分は共産主義者でなかったので 何の行動も起こさなかった
その次 ナチスは社会主義者を弾圧した 私はさらに不安を感じたが
自分は社会主義者ではないので 何の抗議もしなかった
それからナチスは学生 新聞人 ユダヤ人と 順次弾圧の輪を広げていき
そのたびに私の不安は増大した が それでも私は行動に出なかった
ある日ついにナチスは教会を弾圧してきた そして私は牧師だった
だから行動に立ち上がった が その時はすべてが あまりにも遅かった


4月28日(金)にも強行採決か? という噂がひろまっています。
署名をしたり議員にファクスやメールではたらきかけたりデモやハンストや抗議集会に参加したりメディアに採りあげるよう訴えたり…。
時間がありません。皆それぞれの考えられるやりかたで、行為してみませんか?


○● おもなアクション(東京) ●○
とめよう改憲!私たちの手で-4.25改憲と共謀罪に反対する集い-(4月25日・霞ヶ関)
「共謀罪」の廃案を求める国会前ハンスト(4月25日12:00・衆院第2議員会館前で突入集会~8:00~16:30・国会前&17:00~7:00・日比谷公園郷土の森広場~27日・貫徹集会)
共謀罪に反対する大集会(4月26日・霞ヶ関)
・超党派の緊急院内集会「共謀罪に反対する!超党派国会議員と市民の緊急院内集会」(4月26日16:00・参院議員会館第3・4会議室)
・朝ビラ(4月28日8:30・国会議事堂前駅)&傍聴&採決阻止集会(17:00・衆院第2議員会館前)
■4月28日【訂正】
・共謀罪の強行採決を許さない 超党派議員と市民の緊急院内集会(4月28日16:30・衆院第2議員会館第3会議室)


○● 最新情報・基礎情報など ●○
・HP「共謀罪って・・なんだ?」
・HP「共謀罪に反対・抗議する京都署名」
・HP「共謀罪-5つの質問-」
・日弁連リーフレット「思想を処罰? 日弁連は共謀罪に反対します!」
盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会パンフレット「共謀罪――話し合うことが罪になる」
共謀罪新設反対国際署名運動
共謀罪に反対する表現者たちの会ブログ
共謀罪MOVIE(ムービー)『共謀罪、その後』第1話


○● 議員に抗議する ●○
もちろん全議員にはたらきかけられたらいいのだけれど、そんなことはできそうもない。だったら、地元議員だったり衆院法務委員会メンバーにファクスを送ってみては? ファクスが良策と聞くけども、メールでもいいかもしれない。(わたしは「Yahoo!みんなの政治」で色々と政治家を検索しています。便利!) いっとう有効なのは、衆院法務委員会の委員長である石原伸晃議員へ抗議を集中させることだそう。


帰りの道すがら参院議員会館の前で、座り込みをきめている老婦人と三線を弾く若いお兄さんがいた。沖縄の辺野古で座り込みをつづけているおじーおばーにたいして東京でもなにかできないかと、こうやって地道に活動をしているらしい。若い三線弾きは、沖縄から来たのだそうだ。
わたしが自分はイラク支援なんかをおこなっている者だと話すと、「やってることはおんなじなのよね」と共感してくださる。「自然破壊なんかも問題視されているけど、わたしらはイラクのこども達が殺されてほしくないからこうやって活動しているの。そういうのをね、まあジュゴン達は助けてくれているのよね」と。
わたしは辺野古へはなかなか行けないもんで、せめてものカンパをさせていただいて、その場を後にした。それぞれが、それぞれの現場で闘っている。わたしにもわたしの戦場がある。


4月25日【追記】
とらばアンケートで共謀罪についての緊急アンケート(26日21:00締め切り)があったので、わたしも参加してみました。共謀罪に賛成か?反対か? 結果は各メディア、政党に送るそうです。
ウェブログをおもちのかたは、やってみられてはいかがでしょうか。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-04-24 00:24 | 国内活動