NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

共謀罪反対の緊急院内集会と教育基本法改悪の国会前行動

e0058439_18582938.jpg衆院第2議員会館でおこなわれた「共謀罪の強行採決を許さない 超党派議員と市民の緊急院内集会」には、200名以上の出席があり、会場は熱気でむんむんしていた。
お隣の会議室では民主党主催のおなじ共謀罪反対の集会があったようで、行き来していた人もあったとわたしはいっとう前に座ってしまったので、こちらだけ参加した。建物の外からは、反対を訴える声が聞こえてきた。

今日28日にも強行採決? と噂されていたが、なんとか回避できたようだ。ほっ。このところ、夢にまで見てうなされていたので、ひとまずは安堵の溜め息。しかしまあ、与党が強行採決をぎりぎりまで目論んでいた事実に変わりはないが。
強行採決を阻止するだけでもここまでの労力が要る。ほんま、与党は困り者やね。

社民党の福島みずほさんは、「この共謀罪には右翼も反対しているように、人権はみんなのもの。ひとのこころを国が管理する、それでは未来が分からない、未来はわたし達がつくるものだ」とキッパリとおっしゃった。
今は、ふだんの立場を超え横に繋がって団結する時。そう考えると、仲良しずきなわたしはこの共謀罪反対運動はとても素晴らしいチャンスだと思った。や、もちろん廃案に持ち込むために行動しているのだけれど。

共産党の吉井英勝さんは、「小泉内閣が幕を下ろす直前に在庫一掃のようにして次つぎと悪法が出てくる。皆さんがた市民のがんばりが与党を追いつめるんです。参院にはまわさせず、衆院で廃案にするぞ」と力をこめて話された。

日弁連副会長の松坂英明さんも『創』編集長も、「マスコミがようやく危険に気づき始めた。最後はマスコミがどうするか、どう世論を動かせるかだ」と語られた。
いっぽうで、「今日の強行採決がなくなったからマスコミが鈍ったが、そうじゃないだろ。今こそやってくれ」とか「マスメディア頼みはもう幻想。人民の力で動かそう」とかいう声も聞かれた。
それにしても、この集会でも配られていた、今日28日付けの東京新聞はよかった。1つ前の「「共謀罪に反対する大集会」報告」でわたしもレポートした26日のイベントの記事だが、見出しからして「話し合うだけで逮捕 共謀罪 反対!」「野党共闘」「衆院法務委 きょうにも採決、防げるか」で、わりと紙面を割いて大きく載っている。そう、野党共闘をわたしら市民は望んでいたはず。野党の分裂は、与党を喜ばせるだけだから。さっそく東京新聞に、「いい記事でした」ってファクスを入れようかしらん。

e0058439_185959.jpg社民党の辻元清美さんはいつもの小気味好い大阪弁で、「ひとのこころに権力が入ってくる」と嫌悪し、「GW中はどこへ行っても共謀罪、ハイキング行っても共謀罪、温泉つかっても共謀罪、とひろめてください」と笑いを交じえ、「みんなで国会を囲めないか」と提案されていた。わたし達の味方やとわたしはこころ強く思えたし、なにより輝いてはるお顔が素敵。

社民党の保坂展人さんは、「今朝は空が青かった。強行採決というギロチンは延びた」となぜか詩的だった。
次回は、5月9日の9:30から参考人質疑がおこなわれるという。なんとかして、傍聴できないものだろうか?

報告によると、国会前では26人ものかたがハンガーストライキを決行中だという。わたしは体調不良など諸事あってハンストできなかったけれども、応援はしたい。

e0058439_18593118.jpge0058439_18595139.jpg終了後、議員会館前で「教育基本法改悪法案の上程をゆるさない! 4・28緊急議面集会」があったので、そちらへも行ってみた。だいたい250名ほどが集まったそう。
教育基本法の改定は今日、閣議決定されて上程のはこびとなってしまった。
福島みずほさんがここでもスピーチをなさっていた。映画『白バラの祈り』の1シーン、ナチスに立ち向かった少女ゾフィーに裁判官が「公共の精神がないのか、愛国心はないのか」と詰め寄った場面を引き合いに出し、愛国心というやつは戦時下で利用される言葉だというようなことを訴えられた。口惜しくもわたしはお薬の副作用で、この映画の裁判シーンは映画館のシートで熟睡していた…。連れが、裁判のゾフィーの発言はほんとよかったとしきりに言っていたのを思い出す。くぅ。とにもかくにも、思想の強制は憲法違反であって、違憲の法律は作ってはいけないはず。愛国心というのはお国のためならばという国家への服従を示すものだろうし、それをこどものこころに植えつけようっていうんだから未来が恐ろしい。だいたい、わたしという一国民が未来が恐ろしいなんて思うってことは、与党側の愛国心が足りひんのと違うのォ? などと悪態をつきたくもなる。
ラストに国会議事堂に向かってシュプレヒコールをあげた。賛否両論あれど、わたしはシュプレヒコールがすき。思うことを声に出して言葉にして叫んでみるのは、自分の意思を再確認する作業になるし、なにより快い。

共謀罪廃案に向けて、GWの11日間はぞんぶんに使えるチャンス。この11日が勝負の時。
議員やメディアへのファクス作戦はかなり功を奏しているようだし、街頭での呼びかけ作戦もあり、友人知人に伝えひろめる作戦だってまだまだやろう…やれることは幾らだってあるんだ。やってやる、うちらがどんだけ怒ってるんかよう見ときよし、なんつって闘いの姿勢やったりして(ちなみに今日は、赤、黒、白、緑のパレスチナ国旗の色の装いでインティファーダーをイメージしてみたのに、同行のPEACE ON会員さんに「分かりませんよ」と一蹴されました…)。
GWの行楽の合い間にでも、皆さんもなにか行為してみませんか? 今ならキョーボーしても逮捕されませんよ、ウフフフ。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-04-29 03:07 | 国内活動