NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アメリカにイラクにおける暴力を止めることを求める緊急嘆願書への署名

PEACE ON団体としてもわたし個人も呼びかけ人になっています。

イラクでは情勢悪化の一途を辿り、毎日たくさんのかたが命を落とされています。わたしのイラクの友人も、親戚やご近所さんを次つぎと亡くしています。イラク国内のより安全と思われる場所へ、また国外へ避難しているひとも多くいます。絶望的といえるこの状況に、わたしはかれらにかける言葉をなかなか見つけることができません。
内戦ともいわれるまでになった現在のイラク。2003年3月にアメリカの一方的な侵略・占領がおこなわれて以来、イラクは常に「今がいっとう最悪」です。

米軍による激しい攻撃のつづくラマディで先日6月12日、高遠菜穂子さんのお友達のお兄さんが交通事故で病院に運ばれる途中で米軍の検問に止められて、そのまま出血多量でご逝去されました。そのお友達に、わたしもお会いしたことがあります。検問を通過できていれば、と思うと無念でなりません。

これ以上の犠牲があってはなりません。いやらしいおっちゃんや太っちょのおばさん、恋をするおんなのこやおとこのこ、子煩悩のパパやママ、そして可愛らしい赤ちゃん…誰もが危機にさらされてはいけないのです。
わたし達はわたし達のできることをやってみましょう。ええ、わたしはそう思います。

イラクを支援するNGOや個人のネットワークであるイラクホープネットワークでは、上述のお兄さんの死をきっかけに、アメリカ大統領ブッシュ宛ての「イラクにおける暴力を止めることを求める」国際緊急嘆願書を作成しました。今回は、2004年のファルージャ大虐殺にも匹敵するといわれている現在進行中のラマディでの軍事作戦を止めるべく、緊急に働きかけています。
どうぞイホネットHPをご覧ください。そして、賛同なさったならばぜひ署名をお願いします。署名は英語のページですが、日本語での説明も載っています。英語での説明もあります。日本中、そして世界中にこの署名アクションをひろめてください。

もちろん、この署名がすぐさまイラクの平和に繋がるとは思っていません。けれども、まずはイラクの事実を世界にしらせたい、そしてイラクの人びとにわたし達の気もちをしってほしい、のです。PEACE ON現地職員も昨年の来日講演で、「どうかイラクのことを忘れないでほしい。世界から見捨てられているとかんじることが、イラク人にとってもっともつらいことだから」と語っていました。もしあなたに、ラマディ攻撃に反対のお気持ちがあるなら、署名をもって意思表示をしてみませんか。みんなで反対、してみませんか。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-07-04 21:35 | おしらせ