NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

レバノン~緊急募金のお願いなど

イラクはもちろんレバノンのことだって気になって、仕事が手につかなかったり寝込んだりと、NGO職員失格な日々がつづいている。
e0058439_23432198.jpge0058439_23434276.jpge0058439_2344810.jpg7月27日と8月4日のイスラエル大使館前での抗議アクションに2回、1日のビジルに1回(イスラエル大使館前は警官がうようよと集まっていて、かれらは祈りもシュプレヒコールを叫ぶこともせずにわたし達を不当にじゃましていた。わたしは歩道に止まっている警官に「歩道に止まらないでください」ときつい口調で言われたので、「あなたも止まっていますよね」と返したのだが、相手はノーコメントだった。ふしぎ)、そして代表の相澤も発言するというので、9日の文京区民センターでの「イスラエルのレバノン・パレスチナ侵略を問う8.9緊急集会」と、11日の埼玉県の上福岡駅前での音楽とリレートーク「レバノンの戦火を止めよう!」に参加した。国際署名にも3つほどサインした(Save the Lebanese Civilians PetitionJustice for LebanonCeasefire Campaign)。
それでも、気もちがくさくさするのに変わりはない。今の自分は、これだけのことしかできていない。
e0058439_2345317.jpge0058439_23451598.jpge0058439_23452855.jpg
国際的に世論が高まればそれは必ず圧力になる、圧力になるほどの世論を作り出さなあかんし、そのためには1人1人が声をあげてゆくべき。すくなくともわたしは、そう信じている。でもそれができていない、この状況。国連では決議だのなんだのとノラリクラリといっているが、あなたがたが机上で決めるその停戦の開始までにいったい何人もの一般市民が殺されていることか。オーケー、細かな議論や多角的な解説を繰りひろげることは必要だ。いいえ、それにしたってわたし達はまず、戦争を止めさせることをやらなければならないんじゃないの? ひとが死んでる、みんなが怪我をしたり家を失くしたりしているんだもの。
そして、わたし達NGOは支援活動を含めた今後の展開を考えていかないといけない。戦争を起こさなければ戦災のための支援も必要ないのに、なにかがおかしい。

わたし達PEACE ONでは、パレスチナの子供の里親運動(JCCP)を応援しています。1984年から支援を続けてこられたJCCPでは現在レバノン緊急募金をされていて、それはJCCPの現地パートナー団体ベイトを通じてレバノン国内にあるパレスチナ難民キャンプに使われます。
7月30日におこなったPEACE ON LEARNINGでも、岩手の瑠璃屋さん(PEACE ON会員)の協力でお菓子やお味噌などの商品を販売しその売り上げ金を全額JCCPへ寄付させていただきました。

○● 募金先(郵便局振替口座) ●○
・口座記号番号 00120-0- 112249
・加入者名 パレスチナの子供の里親運動
・通信欄 「緊急募金」とお書きください


そうそう、先日お伝えした現地スタッフのサラマッドの続報。今回ぶじに、バグダードからモスルに戻ったとのこと。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-08-14 23:50 | 募金・入会案内