NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アルビルにて

e0058439_2117782.jpg4日、またも近所のアマルくんが車を出してくれるというので、感謝。シャクラワに別れを告げて、アルビルへと移動する。
途中の道路で売られている闇のガソリン、イラン製やトルコ製のなかからアマルくんは、バグダードのドーラ製のものを選んで買っていた。ドーラといえば、PEACE ONバグダード支部長サラマッドのお家のある地区だ。ドーラ製のガソリンは質がいいという。うれしくなって、YATCHとともにきゃっきゃきゃっきゃとはしゃいでしまった。
アマルくんは、バグダードのグリーンゾーンで働く傭兵なんだそうだ。シャクラワで会った何人かのイラーキーも、傭兵をしていると聞いた。イラーキーにして、米軍のところで働くというのはそのような心境なんだろう? とてもふくざつな思いがした。

e0058439_21174443.jpge0058439_2118925.jpgアルビルは大都市だ。自動車は渋滞、ここそこで真新しいビルディングや建設中のものを見かける。しばらく人口5000人のちいさな町シャクラワに滞在していたため、めまいすらおぼえるほどだ。なんとか安宿を確保して、アマルくんにさよならをし、街へと繰りだした。
シャクラワほどではないにせよ、やはりここでも日本人は珍しいらしく、笑いかけてくれたり声をかけてくれるひとがいる。韓国軍が駐留しているから、韓国人と思われるケースも多かった。英語の通じるかたは迷路のようなスーク(市場)を案内してくれたりもしたし、あるゴールド宝飾店の店主は荷車ジュース屋のジュースを奢ってくれたうえにうちのお店で休憩してけーと誘ってくれた。

e0058439_21185025.jpge0058439_21191673.jpge0058439_21194542.jpgイギリスから一時帰国しているというターリックくんに、レストランを紹介してもらったりもした。ぼったくられないように、お店まで連れてってくれる。
その後、ふたたびターリックくんのいるお店に戻る。じつは、行きたいところがあったのだ。それは、最近オープンしたという一大ショッピングモール。初エスカレーターにとまどい、乗るのをあきらめたり途中で倒れたりしている人びとの映像を、TBSの番組「報道特集」で久保田弘信さんがレポートされているのを、日本で見たんであった。わたしもエスカレーターの反応を撮りたい!と、ターリックくんの案内でわざわざそのナザモールまでタクシでかけつけた(ミーハー)。ところが、ところが、エスカレーターは停まっていた。なんでも、電力不足で今日は停めているらしい。皆は、階段のようにして歩いて上っていた。無念。店内は、まるで日本のショッピングモール同様に広くてきれいで衣料にしろ食料にしろ豊富な品揃えだった。違っていることといえば、イラーキーは大家族ゆえに、トマト缶や油やお肉なんかがどれもビッグサイズだったことぐらい。なかには、パーマにサングラスでお洋服姿のちょう現代的なガールがいて、シャーレ(スカーフ)をかぶっているわたしに「なんでそんなのかぶっているの? そんなの要らないわよ」と笑うんであった(バグダードでは今や、お家のなかでさえ、キリスト教徒でさえ、ヒジャーブをかぶらざるを得ないというのに)。そのシャイダちゃんとは、メールアドレス交換もした。

e0058439_21201033.jpgターリックくんは妹さんのお宅に滞在していて、「なんなら泊まっていけよ」と云ってくれる。わたし達はすでにホテルにチェックインしていたので、せめてもと夕ご飯をご馳走になりに行った。
ターリックくんの甥っ子、姪っ子は皆とても可愛らしく、とくにアーシアちゃんとは「ブラダー(お友達)」と云いあって手を繋いで遊んでいた。末娘のフーダちゃんは、1歳半になるのにまだ歩けないし話せない。聞くと、フーダちゃんの骨が軟らかくなってしまったのは、お母さんが妊娠時に劇薬を飲んだせいではないかという。なんとかこの愛くるしいフーダちゃんが良くなることを願う。
ターリックくんと年齢あてっこゲームをする。こっちのひとは皆だいたい年上に見えるので、わたしが「39歳?」と聞いてみると、じつはターリックくんは30歳なんであった。謝ってももう遅い。ターリックくんはわたしに「かおりは40歳以上だよ」とからかわれる。ぶぅ。
偶然に出逢ったわたし達にここまでしてくれるのも、イラーキーならでは。帰りはアーシアちゃんも一緒に車に乗って、ホテルまで送ってもらう。またね、ブラダー。

いよいよ明日は、イラク出国だ。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-09-12 21:20 | 中東にて