NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最終夜まで

京都から帰ってからは、わりとのんびりと過ごした。

10月6日には、ギャラリーに在廊。
e0058439_2328562.jpg途中でぬけ出して、昨年すっかりお気に召した100円ショップへとお出向き、大量にお買い物。ハニなんて6000円も買っていたもんなあ。シルワンは「汁椀」の札の前でちゃっかり写真撮影。5本指ソックスがかなり気に入ったらしく、こぬか雨のなかをあちらこちらと探し回る。

e0058439_23291051.jpg7日、ハニが日本のモスクに行ってみたいというので、代々木上原の東京ジャーミイへと向かう。
うつくしく神聖なジャーミイに、わたしはぺたんと座りこんであたまを空っぽにさせる。祈りはもちろん、これまでの感謝とイラクの平安についてだ。ハニは、イスラム教徒らしくとても敬虔な態度で祈祷している。シルワンはなかには入らず、カメラをピコピコさせていた。

今日はギャラリー最終日。
e0058439_23301879.jpg京都でのイベントに来てくださった現代アラブ文学者、フェミニズム思想家の岡真理さんに、インタヴューを受ける。以下、覚え書き(正式なインタヴュー原稿は、次号PEACE ON会報「PEACE ON JUNCTION」に掲載予定)。

シルワン「芸術をもって歴史と呼ぶ。とりわけ現在の状況について。証言記録としての芸術。リアリズムには限りがあり、それは終わった。作品は時代の要請によってつくられ、今はシンプルなものが求められている。日常生活は逆に複雑化、それに疲れて観るものはシンプルに。」

ハニ「古代からの歴史を表現したい。それは抽象でより伝えられる。見えかた、見かたの問題であり、自分ではアブストラクトとは思っていずにリアリズムと思っている。芸術は大使である。」

シルワン「このたびの戦争で人心が汚染された。世代のメンタリティをたて直すには200年かかる。殺すか殺されるかを選択しなければならない自分、イラク人。今回の戦争は今までのそれと違い、徹底的な攻撃性があった。宗教自体が攻撃され、利用されている。今の若者は、こういったものしか知らない。以前のイスラムは1つだったが、今は100もの解釈がある。」

シルワン「芸術は、生には別の次元すなわち美の哲学を教える、そういう力がある。」

ハニ「すべての芸術は、政治に利用されてはならない。美とアート、文化を追求せねばならない。外科医がメスを誤れば1人の人間だけが死ぬが、芸術家が誤れば大勢が死ぬ。最大の犯罪は、アメリカの占領。」

シルワン「なつめやしの木(イラクでは生命の象徴とされる)は歴史の幾世代もの記憶であり、7000年間も変わらない。」

ハニ「なつめやしの木は(枝葉がひろがっているので)天のよう、天空のよう、大地と天を結ぶよう。母の胎内に生きているよう。チグリス川、ユーフラテス川を抱いているよう。オロク文明では、木陰のせいで黒い大地といわれていた。」

わたしはハニに問うた、「ハニの作品を見ているとなんだか自分が今ここに存在しているんだということを強く感じる。それは歴史の力であり、ハニがそれを導きだしてくれているのか?」と。ハニは「シュクラン(ありがとう)、かおり」と云って、「歴史の深い長老が尊敬されなければならない」と答えた。
わたしはシルワンにも質問した、「今回のシルワンの作品群のテーマは『恐怖と逃亡』だが、その後にはなにが待っているのか?」と。シルワンは一言、「それは分からない」。

ハニとシルワンの作品が何点か売れ、展覧会は成功裡に幕を閉じた。

わたし達は明日に帰ってしまう2人のため、撤収の後はアフガン料理屋さんでささやかなお別れパーティの時をもった。2日の展覧会オープニングの日はちょうどシルワンのお誕生日でもあったので、みんなでハッピーバースデーを歌う。ハッピーバースデーは世界共通の歌なんやね。
わたしは体調不良が頂点に達していたため、ハニにだいすきなお酒を止められる。言われるまでもなく、今日はなにも口にできそうになかったので、お茶だけ飲んで申し訳ないなと思いながらも食べ物にはまったく手をつけなかった。帰り道、ハニはそれを知ると「俺は飲むなとは言ったけど、食べるなとは言ってないぞ。お家に帰ったらなにか食べなさい」と叱られた。んー、こんな時だけお父さんみたいなんだからー。シュクラン(ありがと)。

ところが事務所に戻っても、明日の荷造りやらお金の精算やらでなにかと忙しい。イラーキーは寝たがっているのだが、今夜だけは働いてもらわないと明朝に帰れないからね。うん、よくがんばった。
そんなこんなで、最終夜はパタパタと過ぎてゆくのであった。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-11-28 23:30 | イラク人来日プロジェクト