NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

イベント「イラクのいま~二人のイラク人・女性医師に聞く~」のおしらせ

PEACE ONオフィシャルページでもお伝えしているとおり、いよいよ明日になりましたイベントのおしらせです。
これからその女医さんを迎えに、空港までいってきまーす!

↓転送・転載歓迎↓

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
 ~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~
    ◆ イ ラ ク の い ま ◆
   ~ 二人のイラク人・女性医師に聞く ~
 *~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 イラク戦争開戦から4年―――
 治安回復のきざしがいっこうに見えない中、構図の見えない対立は激しい暴力の応酬を繰り返し、市民の暮らしと安全は悪化の一途をたどるばかりです。
 日本の市民のイラクへの関心も次第に薄れ、メディアも犠牲者の数を機械的に伝えるだけになってしまった今こそ、イラクで暮らす人々の声を聞かなければなりません。
 イラク第2の都市バスラから、研修のため来日中の二人の医師に、メディアが伝えないイラク国内の人々の暮らしや医療の現状について伺います。
 ぜひ多くの方のご参加をお待ちしています。

≪お話≫ ガフラン・サバ医師(35歳)
     アンサム・サリ医師(35歳)
 共にバスラ産科小児科病院の小児科医。専門は新生児。現在市立札幌病院未熟児センターなどで研修中。

「私たちは、イラク南部・バスラ市の医師です。私たちの国は、長い間あらゆる種類の戦争に苦しめられています。人々は、理由もなく殺されています。侵略者たちは“人間”に何の関心もありません。子どもたちは、侵略者の強欲を満たすためだけに、その生命を奪われています。彼らは、私たちの精神と肉体を抹殺しようとしています。しかし、私たちの意志は、彼らよりもはるかに大きなものです。期待と希望を、そして皆さんのような暖かい友人を持っている限り……」

≪聞き手≫ 国井 真波(JIM-NET/JCF看護師)

●日 時:2月4日(日)
      18:00開演(17:30開場)
●場 所:文京区民センター(東京都文京区本郷4-15-14)2階2A会議室
     都営地下鉄 春日駅A2出口すぐ上/営団地下鉄 後楽園駅徒歩3分/JR水道橋駅 徒歩13分)
●参加費:500円

≪共催≫
  イラクホープネットワーク
  NPO法人PEACE ON
  JIM-NET(日本イラク医療支援ネットワーク)
  CADU-JP(劣化ウラン廃絶キャンペーン)
≪協力≫
  セイブイラクチルドレン札幌

====================================================
        ◆お問い合わせ◆
     TEL/FAX:03-3823-5508(PEACE ON)
     Eメール:iraq_hope_net@yahoo.co.jp
====================================================
[PR]
by peaceonkaori | 2007-02-03 11:01 | おしらせ