NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ある少女の唇から…バグダード

バグダードに住むまだ10代の少女2人の、その日々をすこし。子ども達の生活のすみずみにまで、戦争がはびこっている。
かのじょ達とはまだ直に会ったことはないのだけれど(この話はイラクの友達づてに聞いてもらった)、いつか乙女トークを交わしたいなあと願っているわたし。

19歳のおんなの子は云う。

イスラーム教のモスクがアザーン(1日5回の祈りの時を報せるモスクからの呼びかけ)を始めると、警察がそこいらじゅうを撃ち出すの。毎日5回、撃ってくる。なぜって、警察どもは誰もモスクに行ってほしくないからだわ。


16歳のおんなの子も話す。

ある日の休み時間、校庭でのこと。1人の狙撃兵が突然、お友達を撃ってきたのよ。かのじょは13歳ぐらいで、足に怪我を負ってしまった。なんの理由もなしに、ね。わたし達はこぞって泣き出した。学校の責任者がその子を連れに来てわたし達を下校させるまで、ただ泣いた。

別の日、わたし達が下校している時にね。また狙撃兵が、通りにいたおんなのひとを撃った。そのひとは赤ちゃんを連れていただけなのに。その狙撃兵はかのじょをダイレクトに撃ち殺したってわけ。

イスラーム教スンナ派のお友達Aちゃんととシーア派のお友達Bちゃんがいたの。Aちゃんのお父さんもスンナ派ね。Bちゃんは、Aちゃんのお家がお金持ちだってことをシーア派の民兵どもに漏らしてしまった。民兵はAちゃんを誘拐して、Aちゃんの家族に10万ドルも身代金を要求したのよ。家族は10万ドルを支払って、Aちゃんをとり戻した。でも後になって町のスンナ派の戦士が、BちゃんがAちゃんを売ったという事実を知ったらしいの。それでその戦士は、Bちゃんとその両親と5人の兄弟姉妹を皆殺しにしたんだって。


*はじめ京言葉で訳していたのですが、関西弁はお笑いのイメージがあるからこの話にはそぐわないと不評を買ったので、関東の言い回しで書きました。イラーキーって京都とか大阪とか、似合う思うねんけどなあ。
[PR]
by peaceonkaori | 2007-08-04 23:22