NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

バグダードの主婦は今

バグダードのある主婦のインタヴューを。もうすこし、聞き取りしたいなと思っている。

わたしの住む町はゴミで溢れています。でも誰も、ゴミを収集できません。政府もやらないし、みんなもやりません。なぜって、町の戦士らが「もし誰かがゴミを片づければ、そいつを殺す」と言うのです。かれら戦士は、遺体や爆弾をゴミの影に隠しているからです。
ある時、米兵が大型車でゴミを移動させようとしました。ゴミのなかに埋もれている遺体で、町はどんどん狭く悪くなっていたし、主要道路のほとんどはそういったゴミで埋まっている状態だったからです。米軍の運転手がゴミを収集しに来たその時、戦士が狙撃しました。頭をやられて、即死しました。
そう、今では町はゴミで溢れかえり、腸チフスの病気が蔓延しています。

朝6時半にわたしは家庭ゴミを通りのはずれのゴミ置き場に投げます。
ある時わたしは、そこで遺体を見つけたのです。33歳ぐらいの男性でした。首を斬られ、胴体の上に乗せられていました。

ある夜のことでした。
民兵が町にやって来たのです。そして、3軒の家に入って1人残らず殺害しました。人びとは叫び出したわけです。すぐに町の戦士が駆けつけて、民兵が退散するまで戦ってくれました。

16歳の少女がいました。かのじょはある時、米兵と写真を撮ったのです。そしたら町の戦士はかのじょを捕まえて、23箇所も撃ち、遺体を路上に投げ棄てました。遺族は、戦士に殺されるのを恐れて誰もその遺体を運べなかったと嘆きます。

小学校は弾痕だらけです。銃撃、戦闘が始まると下校しようとするのですが、できない時もあって、そういう場合は何時間でも鎮まるまで校内に隠れています。
いつも戦闘があって、授業ができない状態です。子ども達を早めに下校させるので、課程が終わりません。

近所のおとこの子が民兵に捕らえられて殺されました。民兵どもは棒やねじを使ってがんじがらめにしてしまったため、遺体がとり出せなくなりました。遺族は、その遺体をそのままお墓に持って行くしかありませんでした。米軍の検問所で車を停めました。爆弾があるかどうか、米兵がチェックするのです。米兵は棺を開けました。米兵らはそのねじだらけの遺体を見るなり、叫んだのです。「ノー、イスラーム教徒がこんなことをするっていうのか!」

もっともっと色んな話があります。だけどきりがないから、すこしだけお話しました。

[PR]
by peaceonkaori | 2007-08-21 23:42