NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ビルマ民衆のエネルギー、連帯を

安保理各国にミャンマー軍事政権の武力行使を阻止するよう求めるインターネット署名にサインはしたものの、いてもたってもいられなくなって、ビルマ大使館前での抗議行動に参加した。
大使館に近づくと、在日ビルマ人が現地語で叫ぶシュプレヒコールが聞こえてくる。テンポよくしゃきしゃきした声が住宅街に響き、恰好よい。恰好よいだなんてフキンシンなと思われるかもしれないが、イラクのデモの映像を見ていつも感じるように、やはり日本のそれとは異なり、当事者としての身体はった訴えが直にわたしの胸に届いて燃えるんである。
しかし日本人が少な過ぎた。わたしも1つのメールマガジンで情報を受け取っただけだから、広く知られていないのかもしれない。マスメディアが多く取材していたことが救いかも。
日本語でもやってくれたので、わたしも拳をあげて唱える。(囚人の釈放を)「急げ、急げ」、(国連は決議を)「急げ、急げ」、(武力行使を)「やめろ、やめろ」、(軍事政権を)「倒せ、倒せ」!
多くのビルマ人は「来てくれてありがとう、よろしく」と云うんであるが、隣のひとがぼそりと「うちらはもう20年もつづけているのに今さら…」と呟いた。これまでビルマ民主化運動に対してなにも行為してこなかった自分を省みる。せめて今こそと思う。精いっぱい、大使館にお花を投げ入れる。
(10/7追記*うえの段落、記述が不十分でした。コメント欄もあわせてお読みください。)
今日やって来たのは、大使館に抗議することよりも、ビルマの民衆に連帯の意を表することこそが、わたしなりの目的。イラクの民衆に対してと同じように、「わたし達は忘れない、諦めない」と伝えるために立ち上がった。
民衆の圧倒的なパワーを肌で感じた2時間だった。歴史の時に居合わせたと思えた。この感覚を大事に、活動していきたい。

明日も明後日も、抗議の声はつづきます。集まれるかたはぜひ。わたしも行きたいです。

●抗議行動●
9月29日(土)15:00~17:00
在日ビルマ大使館前(東京都品川区北品川4-8-26/JR品川駅高輪口から15分)

●デモ行進●
9月30日(日)14:00
五反田南公園(JR五反田駅)→在日ビルマ大使館(30~40分)
[PR]
by peaceonkaori | 2007-09-29 01:03 | 国内活動