NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ダマスカス交通事情

古都ダマスカスの街を闊歩する-こう書くと「なんて素敵なの」と思いそうだが、実際にはけっこういらいらしている。なぜって車が多いから。
車の数だけなら東京のほうが多いかもしれないけれど(わたしは統計を知らない)、問題は数じゃない。
e0058439_23411028.jpg


市街地でも信号のあるところは少ない。車線は関係なく追い越したり割り込んだり。警笛ばかり聞こえる。そのうえ山の多いアンマンと違い、自転車やバイクも走っている。

ひっきりなしに車の走る道路を、その僅かな隙を見計らって横断せねばならない。横断歩道があろうがなかろうがあまり関係ない。初めての時には「まじっすか」と命懸けのようなていで臨んだものだった。今でも地元のひとのタイミングに合わせないと渡れない。しかも焦ってはいけない。留まったりちょこちょこすると運転手のリズムを乱すことになる。わたしはまだ下手くそで、歩道橋があったなら心底ほっとする。
e0058439_2341489.jpg


髪がぱさぱさになるのはなぜ?

タクシが安いからってタクシばかり乗るのもつまんないし、そのタクシだって乱暴な運転ではらはらするし(目を瞑ってしまう瞬間が多々あり)、もう修行と思って鍛えるしかないのかなあ。
ちなみにバスやセルビス(乗り合いタクシ)は慣れないと分かりにくい。そのかわり、困っていたら乗客がみんなで教えてくれるので、ひとの有難みを実感できる。料金は10円くらい。
[PR]
by peaceonkaori | 2007-11-05 23:41 | 中東にて