NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

パレスチナ伝統料理ムサハンを食す

パレスチナ人のご家庭に招待される。
おんなのわたしはお台所に通され、奥さんや娘さんとお喋り。

みんなの名前を漢字で書いたりする。「ひきこもり」についてもテレ・ヴィジョンで見たそうで、どうしてなのと訊かれる。皇室のプリンセスもどうして「ひきこもり」なのとも云われる。

パレスチナの伝統的なお料理「ムサハン」(ムは口を閉じるだけでほぼ発音せず)をご馳走になる。
お鍋で細かく切った玉ねぎをしんなりするまで火にかけ、オリーヴ油とスパイスを入れて煮込む。スパイスは日本のゆかりみたいな赤紫色のもので、カバブなどにかかっているやつ。以前マヤミーンにもらって日本の冷凍庫に入っているが、名前は分からない。その玉ねぎの煮込みをパンに塗る。こちらのパンはとても大きな円。大きなお盆に大きなパンを幾重にも積む。ナッツをぱらぱらふる。その上にこんがり焼いたチキンをごろごろ乗せる。
e0058439_20384532.jpg


おっとが昔パレスチナのナブルスでオリーヴ摘みをお手伝いしたと云うと、「じゃあこのお料理を食べたことあるはずだわ。日本へ帰ったら、作ること。きっとよ」ですって。
今回の旅では、日本文化とアラブ文化の違いを意識して比べるようにしている。この豪快さは京料理にはまずないよなあ、と思いながら、手でつかみ思い切り口を開けてぱくつく。
[PR]
by peaceonkaori | 2007-11-10 20:39 | 中東にて