NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2005年 10月 18日 ( 1 )

帰国報告会終了

e0058439_14534764.jpg16日(日)のPEACE ONイラク支援・ヨルダン帰国報告会、ぶじに終了しました。お越しくださったみなさま、ありがとうございました。

代表 相澤YATCHの挨拶から始まって、まずはわたしが、「イラク」との出逢い/「PEACE ON」との出逢いから話し始め、初めてのアラブ入り体験談とイラク脱出組の人びとの現実についてお伝えさせていただきました。
生まれて初めての報告会にもかかわらず、予定持ち時間の30分を大幅に超える1時間の暴走トーク(?)で司会のYATCHを困らせつつも、概ね好評をいただき、わたし自身も楽しめました。(その昔、週1ペースで難波までよしもとの劇場に通っていたほどのお笑いズキとしては)笑いをたくさんいただいたのが、すごく嬉しかった(←それだけやったらアカンのやけども!)。
ただ、今回はYATCHとのリレー形式というか報告内容を分担していたし、なじみの参加者さんからツッコミを受けながらの和やかな雰囲気で進行していたので、厳しく振り返れば省みる点ももちろんあり。今後もし機会があるなら、PEACE ON以外の場で単独でご報告できるよう、精進していく所存です。
PEACE ON主宰のイラク現代アートプロジェクト<LAN TO IRAQ>でお世話になっていて今回PEACE ON会員にもなられた芦澤礼子女史から、取材を受ける。

かわってYATCHからは、PEACE ONイラクプロジェクトの進捗状況や、来月に迫ったイラク人画家ハニ・デラ・アリさん&PEACE ON現地スタッフ招聘プロジェクトなどを説明。今回イラク人の人権団体から受け取った、家宅捜索という名の家屋破壊や拷問死の映像も紹介した。
イラクの最新情報は、ほんとうに厳しい。最悪を超えて最悪なんだが、そこにひとひらの希望でも見失いたくない。厳しいけど、けど、けども。

物品販売は、イラク製のクフィーヤやなつめやしで作った鍋敷き、またシリアで仕入れたシルク製品やアンティーク・シルヴァーアクセサリー、はたまたサッダーム・トランプ(イラク戦争時に米兵に配られたもの)まで、充実した品揃え。日本でイラクものが買えるのはPEACE ONだけかも? そしてもちろんTシャツ、ポストカードや缶バッヂなんかのPEACE ONオリジナルグッズもいつもどおり。
今後も講演会場などで販売します。事務所にご訪問くださってもOKですよ。ぜひお買い求めください。

終了後は、PEACE ON事務所での打ち上げ交流会。
大勢お集まりいただき、食べ物が足りなくてご免なさいー。ふだんのじぶんの粗食生活のままメニューを考えちゃったけど、お肉やお魚のない料理はやはりボリューム欠けますよねぇ。次回からは、アラブ大家族よろしく、大鍋とか大皿とか購入して腕を奮わなくっちゃ。

報告初心者の不慣れな様子をみごと写真におさめてくれたのは、ジャーナリストのシバレイ氏。どうもありがとう。
[PR]
by peaceonkaori | 2005-10-18 14:53