NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2007年 03月 08日 ( 1 )

平日のドルマ

2月27日、今日はおんなこどもでドルマの日。
ドルマはふつう、休日にお父さんがいる時に食すイラクの家庭料理だけれど、今回はとくべつにわたし達はオム・ムスタファに招待されてドルマの昼食をとることになった。

e0058439_15221655.jpg11時過ぎにハニ宅を訪ねて、さっそく 買い出し。ハッスーニの手を引いて、近所のホブス(薄焼きパン)屋さんやお肉屋さん、八百屋さんにてお買い物。アラブ諸国の中でも物価が高いといわれているヨルダンだけど、日本の物価高に比べればなんてことはない。ホブスが2キロで0.5JD(約85円)、トマト7キロが1JD(約170円)、お米が5キロで4.5JD(約765円)、といった感じ。以前ハニ来日時に、日本のホブスは1枚1ドルと教えたら、ハニはびっくりして食べなくなったっけ。こちらでも皆、「じゃあ、いったい日本でなにを食べているの?」と目を丸くされてばかりいる。お留守番係の上司は今頃、日本事務所のお台所でツナ缶でも漁っているのだろうかねえ。
e0058439_15223597.jpgドルマは教えてもらったことがあるから、わたしも手伝う。料理上手のオム・ムスタファ師匠はけっこう手厳しい。「日本で作った時は4時間もかかっちゃった」と報告すると、「まだまだね、わたしは1時間よ」と返される。
e0058439_15225223.jpgこどもらも、それぞれ学校から下校してきた。敷物をひろげてお皿を並べるイラク式。ビスミッラー(いただきます)!
もちろんタイーバ(美味しい)、初めて食す川口ゆうこさんも、オム・ムスタファのドルマの素晴らしさに感動していた。わたしがなによりうれしかったのは、これまで男性のYATCHと来るとオム・ムスタファやナバやルカイアら女性陣と一緒に食べられなかった(もしくはわたしも女性陣の仲間入りして男性陣とは離れていた)けれど、今回はオム・ムスタファもシャーレ(あたまにかぶるスカーフ)を外してみんなで一緒に食べられたこと。家族になれたみたいで、うれしい。こどもらの宿題を見たり、TVを眺める昼下がり。
ギャラリーに戻って、ドルマ自慢をする。イラク人が多いので、皆うらやましがっていた。ヨルダン訛りでは、ドルマはマルフーフというらしい。

アンマンでは今、アーモンドの花が咲いている。
[PR]
by peaceonkaori | 2007-03-08 15:21 | 中東にて