NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:未分類( 24 )

来たるべき旅立ちを前に

もう出国の日だというのに、向こうではできないHP更新や封書発送作業などの事務仕事を猛烈な勢いでこなし、徹夜してしまっている。荷造りなんて全然まだ。ぎりぎり魂、アカンなあ。

そんななのに、お昼間は浅草散策、並木藪蕎麦でしっぽりと樽酒をやったりお蕎麦をたぐったり、アンマンで会う人びとへのお土産を買ったりしていた。
夜にはキッド・アイラック・アート・ホールにて「もしも僕がイラク人だったら」 というお芝居を観劇した。SNSのMixiで知った大根健一さんというかたの企画公演で、大根さんはイラクに行ったこともなければ情報に詳しくもないのだけれど、ただ「想像」したのだそうだ。想像に想像を重ねて仕上がったお芝居には、もちろん事実と異なる点もあった。だけど、そんなことは問題ではなかった。大根さんのつぶやきで始まりつぶやきで終わるこの劇は、日本の「ふつー」とリンクさせる効果を確実にあげていた。かれは、ニュースに死傷者の名前や家族構成やその他もろもろの情報がないからと、インターネットで片っぱしから検索し、やっと見つけた1人の青年を主人公に据える。詳細は分からないから、クラスター爆弾で怪我をし、弟とお母さんを亡くしたことにした。その顛末。
想像する作業―それは人間がけっして怠ってはいけない行為のひとつだと、思う。わたしは劇中、2003年春のあの頃を思い出していた。イラク戦争中にイラクへ行きたくてでもけっきょくは行かなくて、日本で毎日毎日、想像していた。イラクのおんなのこの日常を、まだ見ぬその魅力的な国とそこを襲いつくす暴力とを。今でこそこんな仕事をしているから、わたしはイラクを訪れたことがないにもかかわらず、中途半端にイラクを知った気でいるし実際に勉強しなければならない立場ではある。けれどもわたしは想像しているうちに、ほんとうに行ってみたくなったのだ。悶々、悶々と。イエス、それは今でも変わらない。だけど、この情勢の悪化がそれを阻んでいる。くそーっと思う、心底。

1年前の今日9月19日は、PEACE ON初出勤の日でもある。2004年4月の第1次ファッルージャ大虐殺で耐え切れなくなったわたしは、イラクに行きたくてPEACE ONと出逢った。その時はまだ松本で大手企業の秘書に就いていたわたしはさっそく辞意を表明し、退職を迫った。9月20日がわたしの誕生日だから、縁かつぎみたいだけど、それまでにはPEACE ONで働いていたかったのだ。無理をいって17日に最終日、18日は引っ越して、19日から働き始めた。
そして今年の9月20日はアンマンに降り立つ日。
以前から会員さんに、「かおりんはアラブに行くべきですよ」とか「行かしてあげたいねえ、すまんねえ」とか云われてきた。会員さんにそんな風に云われる事務局員、これほど有り難いことがほかにある? なんてハッピーなの、と感謝が絶えない。今回のアンマン行きに際してだって、「飛行機に乗る前に、階段などから落ちないよう、くれぐれも気をつけてください」、「ヨルダンに行っても、イラク入国は絶対しないでくださいね。すごく心配です」、「アンマンへの研修、本当に良かったですね。やはり、隣国とはいえ現地に行かなくては」、「さて、かおりん。あなたもアラブに出掛けて活躍するのですね。いろんなものを観て感動してください!」なんていうお言葉をかけてくださる。お守りまでくだすった。わたし、めぐまれてる。
中東=不安という図式を払拭できないでいる家族や友人知人ですらも、全身でしんぱいしつつかおりのやりたいことだからと見守ってくれている。消え入りそうな声でいってらっしゃいと電話をくれたおちびちゃん(お守りといってバックパックを譲ってくれたり)、「貴方には、貴方を心配して見守っている家族が、元気な帰国を待っている家族が、京都に居る事を忘れないように」と語る父(わたしがお転婆に奔放に国内じゅうを放浪ばっかしていた頃、父がいつも「かおりさんはどこに行っているかわからない。この事故に巻き込まれているかもわからない」とニュースを見るたびこぼしていたのだと、最近になって姉がわたしに諭した)、「現地で『もしかしてイラクに行けるかもよ』なんて話になっても、どうかどうか思いとどまって下さるよう願ってます。PEACE ONの活動が尊いのは分かっていますが、あなたの命は私達にとっては、もっともっと尊い」などと涙を落としてしまうほどの友人からのフレーズ。
今回のアンマン行きの準備を進めているうちに、跪いて祈りを捧げたくなるような瞬間が幾度あったことでしょう。PEACE ONにいて、わたしは愛し愛されて生きるということを学んだ。イラク人のくれるメールのいかにやさしいことか(戦火のなかにいてかれらはこの日本の少女に「I hope you are fine」と書いてくれる)、会員さんらとの会話でいかに元気づけられることか。イラクというわたしにとって未知であり既知であるような国のすぐそばまで出掛けていって、頬ずりをするようなていでわたしは2週間を過ごすんだ。たくさんのイラク人とお友達になってみせる。あふれるユニヴァース、あふれるシュクランを胸に。全力で、お仕事させてもらいます。

最低速度を守れ!ってね。いってまいります。
[PR]
by peaceonkaori | 2005-09-19 05:02
今日の事務所の昼食は、アラブ風。

岩手県は湯田町の会員さんで農業とパン屋さんを営まれている瑠璃屋さん(アクセス先は末尾ご参照)からとりよせた食材が、ところせましと食卓に並ぶ。
e0058439_03330100.jpg

自家製酵母をつかったアラブ風薄焼きパンに、ていねいに育てられたじゃが芋「北あかり」の焼いたのとクッキングトマトを挟み、パレスチナ・オリーブのオリーヴオイルとザータルとたっぷりとかけて…頬ばる。頬ばる。頬ばる。
隣町の秋田県山内村の安土養蜂園のまろやかなトチ蜜も味蕾がウットリとろけるようだ。ヨーグルトにもかける。
e0058439_043646.jpge0058439_0431930.jpgこれ、ヨーグルト以外はすべて瑠璃屋さんから届けられたもの。あァ、瑠璃屋さん家でのあの贅沢な朝食がよみがえる。
月に1度、事務所で会員さんと顔をつきあわせてお喋りの時をもつ茶話会「PEACE ON CAFE」。その夏休み企画として、「PEACE ON Farming!」と題し、わたし達は岩手まで出掛けていってお芋掘りをさせていただいた。以下は、MEMBERSメーリングリストでの報告より。

─────────────────────────────────
会員のぴろりんのご厚意で、ぴろりんのご自宅の畑で、たいせつに育てられてきたじゃが芋の収穫。
長袖・長ズボンに帽子、長靴、軍手に着替え、いざ畑へ。
池にはアメンボ、土にはミミズやオケラ、空には蚊やアブがいます。大自然の清らかな空気を吸いながら、口からついて出てくるのは「ミミズだってオケラだってアメンボだって~」の歌。みんなみんな、生きていました。
e0058439_0443449.jpg2人1組になって、1人はスコップで土を掘り返し、もう1人はつるを引っ張ってじゃが芋を掘り出す。じゃが芋が10個もついていれば、大収穫。スコップでじゃが芋を切ってしまったり、虫に食われているものもありますが、初体験のわたしはその度に「おー」だの「ワーオ」だのと声を発してしまいました。
採れたじゃが芋を日影に干して、しばし休憩。なぜって、土中ですごく熱を持っていたので、腐らないようにしばらく冷ましておく必要があるのです。そんな1つ1つの行いが、「なるほど」と納得させられるのでした。
散歩がてら、他の田畑も見せていただきました。
初めて見る小豆の花、有機栽培での稲作りの大変さ、ビニルハウスのトマトの可愛らしさ、途中でやって来たバキュームカーのにおいなど、そこには生がギュッとつまっていました。もちろん、ただ収穫だけに来たわたしには分からないような栽培のご苦労もたくさんたくさんあると思います。ですが、「生かされている」という感謝の祈りを捧げざるをえないような、そんな気持ちでいっぱいになりました。
沢の水で手を洗い、日暮れ前には近くの温泉へ。山々と里の水田を眺めながらの露天風呂、ほんとうに気持ちよかったです。

そして夕ご飯は、採れたて野菜のオンパレード。こんな贅沢な食卓があるでしょうか。楽しみにしていた自ビールもくいっくいっと飲み干し、語らいは夜更けまで続きました。

翌朝の食卓もまた。ホブスのような薄いパン(もちろんぴろりん手作りの瑠璃屋のパン)にお豆の煮たのやキュウリを挟み、パレスチナのザータルやオリーヴ油をたっぷりとかけていただきます。この町で作られたヨーグルトと、隣町のハチミツ。気がつけば1時間以上もかけて朝食をいただいていました。
─────────────────────────────────

今回のこのじゃが芋はあのときに掘ったものではないとは思うのだけれど、それでも、あの畑で採れたものだと妙に感慨深いものがある。なんてったって、太陽と大地のかおりのするお野菜。我が嗅覚がやけにやけに反応するのだから、人間の身体ってのは素直なんだなあと感心する。しぜんに欲する食べものというものがここにあるのだ、という感謝。はっきりいって、愛しいのです。

ご馳走さまです、瑠璃屋さん。

あと2週間もすれば、わたしは初めてアラブの地を踏んでそこいらじゅうを旅するわけだが(←研修です)、そこでもこんなに慎ましやかで贅沢でこころから美味しいと思えるものに出逢えるかしらん。とても、どきどきしている。


○● 瑠璃屋 ●○
メール ruriya@m8.dion.ne.jp
電話・ファクス 0197-84-2564
〒029-5513 岩手県和賀郡湯田町鷲之巣50-72
[PR]
by peaceonkaori | 2005-09-06 00:46

アインマ橋のこと

1000人もの命が失われたバグダッドはカズミヤでの大惨事。
発生直後は、ただただ「遣り切れない」の一言しか出てこなかった。そのあと冷静であらねばと情報を追っていたのだけれど、根拠もないのにまるでスンニ派の仕業のようにいうニュース記事なんかもあり、その偏りに溜め息をもよおす始末。向こう岸のアダミヤ地区に住むスンニ派のひとびとが命を懸けてシーア派のひと達を助けても、毒を盛って殺したなどとあらぬ疑いをかけられたという。
スンニとシーアのあいだに架かる橋が崩れたというのは、この状況下、なにか象徴的なことのように思えてしょうがない。消そう消そうと思ってもなかなかとれない、こころについた引っ掻き傷のようなもの。

そんななか、ひとひらの希望が舞い降りてきた!
イラク現地スタッフがバグダッド市内の病院に届けた手術用器具が、運びこまれてきたこども達の役に立ったというのだ。なんとうれしいことか!と、今度は甘やかな溜め息がこの口から漏れた。
現地スタッフは、わたしの希望の星。まだメールでしか話したことはないけれど、わたしのもてる信頼と敬愛を、わたしはかれら/かのじょらに捧げる。わたしはこうして日本で事務仕事をこなしながら、死者とご遺族のためにまた怪我をして苦しんでおられるかたとそのご家族のために、お祈りすることしかできない。それでも現地スタッフは、「Really I have to respect you becuase you help my people」と云ってくれる。わたしは「ありがとう」とつぶやき、かれら/かのじょらのために祈祷し、また仕事にとりかかる。おなじスタッフとして誇りに思う。

現地からの詳細な情報は代表YATCHのブログに詳しいので、そちらをお読みください。

イラクでは、2003年3月イラク侵略以降で最大の惨事。そしてアメリカでは、2001年9月11日以降もたらされた最大のハリケーンによる被害。混沌とうごめく世界で、わたし達は生きないといけない。
[PR]
by peaceonkaori | 2005-09-03 17:39

はじめましたのご挨拶

PEACE ONシンマイ事務局員による公開日誌的記録として本ブログを開設させていただきました。
NPO職員はふだん何をしているのか? 現地でなにを見るのか? など疑問は尽きないと思いますが、見たまんまのノンビリ記録になると思います。みなさまからの叱咤激励をお待ちしています。
どうぞご贔屓に、よろしゅうお願い申しあげます。
[PR]
by peaceonkaori | 2005-08-27 00:49