NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:おしらせ( 60 )

PEACE ONイラク帰国報告会

もう今日になってしまいましたが、おしらせです。

8月28日~9月21日までイラク北部等にて、イラク現地スタッフと打ち合わせ・調整をおこなった代表 相澤恭行(YATCH)と事務局長 高瀬香緒里の帰国報告会を開催いたします。
イラク最新情報から、支援活動報告、またアラブでのおもしろ文化事情などなど、盛りだくさんでご報告する予定です。
また、イラク・ヨルダン・シリアで仕入れた多彩なアラブ民芸品雑貨の初売りにも、ご期待ください。
お友達やお知り合いをお誘いのうえ、ぜひぜひご参加くださいね。

-------------------------------------------
日時:9月23日(土)14:00(開場13:30)
場所:本駒込交流館 4F会議室A
(東京メトロ南北線本駒込駅2番口右へ5分)
報告者:相澤恭行(代表)・高瀬香緒里(事務局長)
参加費:500円
主催:NPO法人PEACE ON
-------------------------------------------
[PR]
by peaceonkaori | 2006-09-23 05:08 | おしらせ
★ イラク周辺地域へ出発のおしらせ
PEACE ON IRAQプロジェクト継続のため、相澤と高瀬が8月28日に日本を発ち、シリア、ヨルダンなどイラク周辺地域に向かいます。帰国は9月21日の予定です。

●活動内容は、
・ 現地スタッフのサラマッド達との打合せ、支援の調整(現在バグダードでの支援の継続が困難なため、無事に家族の避難先モースルに戻ったサラマッドは、現在モースル市内の病院、障がい児福祉施設、孤児院などを訪れて調査中) 。
・ 10月に中和ギャラリーで開催されるイラク人作家6人展のため、アンマン在住のハニ・デラ・アリ氏など画家との打合せ(2作家が来日予定)。
・ シリアでは主にアラブ雑貨等の仕入れ、またイラクから逃れてきたパレスチナ難民の調査を予定。

ひきつづき皆様のあたたかいご支援、ご協力のほどどうかよろしくお願いいたします。
 ・振込先 郵便振替 00160-2-647637
       口座名 PEACE ON
 ・備考欄に「イラク支援」とお書きください。

■■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■帰国報告会
日時:9月23日(土・祭日)14:00~16:00(開場13:30)
場所:本駒込交流館4階会議室A 
(東京メトロ「本駒込」駅2番口右へ5分)
参加費:500円

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-08-27 17:24 | おしらせ
すでに今日になってしまいましたが、チャリティーライブ&トークショーのおしらせです。
PEACE ONは、物販で参加予定。イベントの収益金の一部と募金は、イラクのこども達のためにつかわれます。みなさま、ぜひにお越しください。
さあて、こんな早朝から京都→東京へ発たなくっちゃ。

e0058439_557142.jpg


日時:8月21日18:30~(開場18:00)
場所:渋谷KABUTO
チケット : 前売3000円+1D(500円)・ 前売3500円+1D(500円)

出演:Myu(歌手)・ノブ遠山(ビアノ)・加塩人嗣(サックス、フルート)・柳澤信之(ギター、歌)、片桐幸男(ギター)・監澤栄治(ベース)・みどりこ(ピアノ、歌手)・木嶋康晃(歌手)
佐藤真紀JIM-NET)・安田純平(ジャーナリスト)・加藤健二郎(バグパイプ、軍事ジャーナリスト)
      
[PR]
by peaceonkaori | 2006-08-21 05:59 | おしらせ
PEACE ONオフィシャルホームページでもおしらせしているように、明日ワークショップでお話させていただきます。詳細は以下のとおり。

-----------------------------------------------------------------------------
●日時:8/16(水)19:00-23:00

●場所:交流イベントスペースあかね(東京メトロ東西線早稲田駅3分)

●講師:高瀬香緒里

・自己紹介
1978年、京都生まれ。同志社大学文学部哲学及び倫理学専攻卒業。長野県での隠居生活中にイラク戦争開始。現在は、NPO法人PEACE ONにて、イラク支援・文化交流活動に取り組む。同法人理事。27歳。

イラクという国の魅力にとりつかれて早3年半、日に日に情勢の悪化するこの国を、ただ見ているだけというのは辛いものがありますが、それでも愉快なイラーキーと接するのはほんとうにオモシロイ。支援と交流をとおして、これからもお付き合いしていきたいです。そして日本にも、イラクが好きと関心をもってくれるひとが増えればいいなと思っています。
最近では、「共謀罪」反対にも力を入れています。

・ワークショップ名
「アラブの魅力と壊されゆくイラク」

・ワークショップ要旨
イラク隣国ヨルダンを訪れ、そこで知った底抜けに明るいアラブの毎日と、突きつけられたイラクの現実とのギャップ。本ワークショップでは、ヨルダン報告を中心に、いかに魅力的な国イラクが破壊されているか、写真と映像を使って、その事実を見ていただきます。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-08-15 15:34 | おしらせ
今月もやります、PEACE ON LEARNING! 今回のテーマは、あのザルカウィ。残虐という言葉でしか語られることの少なかったザルカウィを今一度、学習しなおしましょう。

○● 転送転載歓迎 ●○

○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo○
第3回PEACE ON LEARNING
「ザルカウィとは何だったのか?-混迷のイラク情勢とこれからを考える-」

○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo。○Oo○

去る6月8日、イラク聖戦アルカイダ機構の指導者アブムサブ・ザルカウィ氏が、米軍の空襲によって死亡したと伝えられました。
複雑に絡み合った今日のイラク情勢は、とてもザルカウィだけで読み解けないにせよ、かれの存在を無視しては語れないのも事実です。誘拐、斬首、自爆攻撃など数々の事件を引き起こし、イラク混迷の一因となっていた「ザルカウィ現象」とはいったい何だったのか?
第1部では、ザルカウィ研究のエキスパートであるジャーナリストの村上和巳さんをお迎えし、その実態を追求して、イラクの現状を把握します。また第2部では、PEACE ON代表の相澤恭行を交え、「ザルカウィ後」を討論、イラクのこれからを語ります。
イラクの現在と未来を考えるためにも、今あらためてザルカウィについて突き詰めたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

………………………………………………………………………
・日時:7月30日(日)14:00~(開場13:30)
・場所:東京都文京区 本駒込交流館 3階 和室A・B
(東京メトロ南北線 本駒込駅 2番出口を右へまっすぐ5分)
・講師:村上和巳さん(フリージャーナリスト・PEACE ON会員)
・主催:NPO法人PEACE ON
………………………………………………………………………

■講師プロフィール
村上和巳(むらかみかずみ)
 1969年宮城県生まれ。中央大理工学部卒。医療専門紙記者を経てフリージャーナリストに。旧ユーゴ紛争、インドネシア・アチェ紛争、イラク紛争の現地取材を中心に国際紛争、軍事問題、生物化学兵器問題を専門としているほか、サイエンス分野の取材・執筆にも取り組む。
 著書に「化学兵器の全貌」(三修社・アリアドネ企画)、共著書に「戦友が死体となる瞬間-戦場ジャーナリスト達が見た紛争地」(三修社・アリアドネ企画)、「タリバン戦争の謎」(祥伝社)、「生物兵器テロ」(宝島社新書)、「自衛隊交戦!」(宝島社文庫)などがある。
★ザルカウィ関連執筆記事
「残虐イラク 邦人断首殺害団の全貌」(実話マッドマックス・2005年1月号)
「徹底検証・人質殺害映像 イラク聖戦アルカイダ機構の実像」(軍事研究2005年6月号)
「追い詰められるイラク聖戦アルカイダ機構」(軍事研究2006年1月号)
「ザルカウィ爆死真相・米軍空爆作戦に協力した元腹心がいた『親友の母を殺した者への宣戦布告だ』」(週刊アサヒ芸能・2006年6月29日号)

○● 転送転載ここまで ●○

人数把握のため、参加ご希望者は7月28日(金)までにPEACE ON事務局宛てご連絡ください。みなさまのご参加をお待ちしています。よろしくお願いいたします。


□────────── PEACE ON LEARNINGとは? ──────────□
毎回テーマを設定して各界の識者をお招きし、会員中心の参加者による、小規模で濃密な学習会をもてればと企画中。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-07-25 11:38 | おしらせ
e0058439_18420.jpgPEACE ONオフィシャルウェブサイトでもおしらせしているとおり、7月8日(土)~16日(日)に東京は上野にある東京都美術館の全彫塑室にて、「第15回 日本アジア・アフリカ・ラテンアメリカ交流美術展」(JAALA)が開催されます。
我らがLAN TO IRAQからは、一挙21点をどーんと出展しました(今日はその搬入と展示を1日がかりでおこなったー)。9日(日)のシンポジウムには、パネリストとして代表相澤も出演します。

初夏の上野公園で、世界各国の美術をごゆるりとご鑑賞ください。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-07-08 01:06 | おしらせ
PEACE ON団体としてもわたし個人も呼びかけ人になっています。

イラクでは情勢悪化の一途を辿り、毎日たくさんのかたが命を落とされています。わたしのイラクの友人も、親戚やご近所さんを次つぎと亡くしています。イラク国内のより安全と思われる場所へ、また国外へ避難しているひとも多くいます。絶望的といえるこの状況に、わたしはかれらにかける言葉をなかなか見つけることができません。
内戦ともいわれるまでになった現在のイラク。2003年3月にアメリカの一方的な侵略・占領がおこなわれて以来、イラクは常に「今がいっとう最悪」です。

米軍による激しい攻撃のつづくラマディで先日6月12日、高遠菜穂子さんのお友達のお兄さんが交通事故で病院に運ばれる途中で米軍の検問に止められて、そのまま出血多量でご逝去されました。そのお友達に、わたしもお会いしたことがあります。検問を通過できていれば、と思うと無念でなりません。

これ以上の犠牲があってはなりません。いやらしいおっちゃんや太っちょのおばさん、恋をするおんなのこやおとこのこ、子煩悩のパパやママ、そして可愛らしい赤ちゃん…誰もが危機にさらされてはいけないのです。
わたし達はわたし達のできることをやってみましょう。ええ、わたしはそう思います。

イラクを支援するNGOや個人のネットワークであるイラクホープネットワークでは、上述のお兄さんの死をきっかけに、アメリカ大統領ブッシュ宛ての「イラクにおける暴力を止めることを求める」国際緊急嘆願書を作成しました。今回は、2004年のファルージャ大虐殺にも匹敵するといわれている現在進行中のラマディでの軍事作戦を止めるべく、緊急に働きかけています。
どうぞイホネットHPをご覧ください。そして、賛同なさったならばぜひ署名をお願いします。署名は英語のページですが、日本語での説明も載っています。英語での説明もあります。日本中、そして世界中にこの署名アクションをひろめてください。

もちろん、この署名がすぐさまイラクの平和に繋がるとは思っていません。けれども、まずはイラクの事実を世界にしらせたい、そしてイラクの人びとにわたし達の気もちをしってほしい、のです。PEACE ON現地職員も昨年の来日講演で、「どうかイラクのことを忘れないでほしい。世界から見捨てられているとかんじることが、イラク人にとってもっともつらいことだから」と語っていました。もしあなたに、ラマディ攻撃に反対のお気持ちがあるなら、署名をもって意思表示をしてみませんか。みんなで反対、してみませんか。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-07-04 21:35 | おしらせ
第1回目が好評だったPEACE ON LEARNING。今回第2回目はずばり、靖国神社フィールドワーク。自分の足で歩いて自分の目で見て、考えてみませんか?

<転送転載歓迎>

==◇ 第2回PEACE ON LEARNING ◇==============================
「歩いて・見て・考える・靖国問題」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
◆日時:6月25日(日)
◆集合時間・場所:13:00・靖国神社大鳥居前
◆講師:長沢俊夫さん(いのちのことば社出版部編集者・PEACE ON会員)
◆参加費:500円(ほかに遊就館の入館料として、800円/学生600円がかかります。)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
靖国神社はどんなところ?
本殿の後ろ側はどうなっているの?
遊就館にはどんなものが並べられているの?
とにかく百聞は一見に如かず。あなたの目で確かめてみましょう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<転送転載ここまで>

人数把握のため、参加ご希望者は事務局(office@npopeaceon.org)宛てご連絡ください。みなさまのご参加をお待ちしています。よろしくお願いいたします。

□────────── PEACE ON LEARNINGとは? ──────────□
毎回テーマを設定して各界の識者をお招きし、会員中心の参加者による、小規模で濃密な学習会をもてればと企画中。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-06-23 01:31 | おしらせ
緊急来日中のイラク人イサムさんの東京での報告会、いよいよ明日となりました。
どうぞお出掛けください。


<転送転載歓迎>

「イラク人カメラマンは見た!イサム・ラシードさん緊急報告会~映像が語るイラク市民の悲劇~」

 ますます混迷の度を深めていくイラク。治安情勢の悪化で外国人ジャーナリストがイラクを取材することが極めて困難な中、日本では新聞やテレビなどによるイラク報道も減る一方ですが、現地の状況は過去最悪といえるものとなっています。
 イラク中部・西部を中心に繰り広げられる米軍・イラク治安部隊による激しい掃討作戦、「内戦状態」とまで言われるスンニ、シーア両派の武装集団や民兵による殺し合い。学校や職場に行くことも出来ず、家の中で怯えて暮らす市民たち…。
 今、イラクで何が起きているのか、なぜイラク情勢は混迷し続けるのか。バグダッドを拠点としてまさに命がけの取材活動を続けるイラク人カメラマンのイサーム・ラシードさんに、日本のマスメディアによる報道では知ることの出来ない、イラク市民が直面する現実をお話しいただきます。またとない大変貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

日時:6月14日(水)18:30~20:45(18:00開場)
会場:文京区民センター3A室(東京メトロ丸ノ内線・南北線「後楽園」駅or都営三田線・大江戸線「春日」駅すぐ)
資料代:500円 
主催:イラクホープネットワーク 
協力:WORLD PEACE NOWフォーラム平和・人権・環境
お問合せ:志葉玲(090-9328-9861/reishiva@yahoo.co.jp)

■プログラム
・第1部:イサム・ラシードさん撮影の映像・スライドの上映
 ~休憩~
・第2部:イサム・ラシードさんに聞く、イラクの現状(聞き役:高遠菜穂子・志葉玲)

■プロフィール 
1973年、バグダッド生まれのバグダッド育ち。イラク戦争前までは電気技士だったが、開戦後、イラク市民の犠牲を伝えるため、フリーランスカメラマンとして活動を始める。イギリスのテレビ局「チャンネル4」など、多くの報道機関で活躍、日本でもテレビ朝日やFRIDAYなどに映像・写真を提供している。2004年4月、11月の米軍によるファルージャ市攻撃の際には、同市内に潜入取材。厳しい報道規制の中で、虐殺されていく市民の側からカメラを回すことに成功した、世界でも数少ないカメラマンの1人。昨年夏にも来日し、DVD「ファルージャからの証言」を各地で上映。多くの日本の市民に衝撃を与えた。今回の来日では最新の取材を収めたDVD2本を公開する。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-06-13 17:21 | おしらせ

イラク報告会やります

PEACE ONオフィシャル・ウェブサイトでおしらせしているとおり、あす土曜日にイラクについてお話することになりました。2本立てです。

日にち:6月10日(土)
時間:第1回16:00~/第2回18:00~
場所:東京都 タワーホール船堀1階展示ホール(都営新宿線船堀駅すぐ)

おもに、イラクの現状や生活、イラーキーのアホさ(←愛情表現)、日本人との交流について、お喋りするつもり。写真展の会場でのこじんまりとしたものになるらしいので、まあ気楽にやらせてもらいます。
いつも思うことは、1人でも多くのかたにひとひらでも希望をもってイラクをすきになってもらえたら、この上ない喜びやわあって。

いつものように、アラブ雑貨やオリジナルグッズも販売したりイラク支援金も募ります。

よろしくお願いします。

なお、同時開催の写真展は、11:00~19:00、イラクの写真およそ60点のほかに、星野文昭絵画展と狭山事件の展示をおこなうとのことです。
[PR]
by peaceonkaori | 2006-06-09 20:30 | おしらせ