NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2005年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ホームタウン

e0058439_3124948.jpg26日は世田谷のらくだにて、ハニさんのアートライヴ! 画家の増山麗奈ちゃん(PEACE ON会員でもあります)との共同ライヴペインティング。
ハニさんは数日前、夜中の3時に「眠れないんだ」と起きてきて煙草をふかしながらこのイヴェントについて模索していたほどだったから、こちらも期待する。
歌ありピアノありイラク話ありパレスチナの地ビールありの楽しいムードで、わたしもパレスチナのドレスとヒジャーブを身に纏っての参加。らくだは、昨年もPEACE ON共催イヴェントをさせていただき、お店にはLAN TO IRAQの絵を2枚も買って飾ってくださっている。ありがとうございます。
21日のハニ個展記者会見で1年ぶりの再会を果たしたイラク人演劇留学生アナスも、パントマイムを披露してくれるそう。昨年ムルワッス劇団の来日時に出逢って以来、バグダードのかれとたまにメールを交わしていたのだった。

e0058439_13533753.jpgといいつつも、わたしは受付と物販を担当していたため、中の様子はほとんど知れなかった。
そのうえ、イヴェント中に携帯電話に訃報が入る。姉の婚約者(2人ともPEACE ON会員です)の祖母が亡くなった。かのじょとは姉らの婚約式で会ったきりだったが、わたし達はディナーの席でかしましくお喋りを弾ませた。その後かのじょの病気が発覚し、ほんとうに愉しみにしていた来春の孫の結婚式まではもたないだろうとされていた。だのに夏に帰洛した際、また今度にでも見舞えばいいかと、わたしはかのじょに会いに行かなかった。そのことが悔やまれて悔やまれて、イヴェント中にもかかわらずわたしは会場の外で思い切り涙を落とす。もう二度と戻ってはこない、かのじょとの時間。かのじょは姉が看護婦を勤めるホスピスで、姉に看取られながら微笑みのうちに天国へと旅立ったそうだ。そのことが、せめてもの救いだった。わたしは姉に電話をかけて、「おばあさまにどうかご挨拶しておいて頂戴」とお願いした。姉はわたしに「イラクのお友達によろしくね」と云って、わたし達は電話を切った。

出来上がった絵をちらりを見た。テーマは「ホームタウン」。ハニさんの故郷に対する思いは、かれの絵の端々に執念のような誇りとなって散りばめられている。
わたし自身のホームタウンは、どうなんだろう。京の土地や血縁のしがらみを嫌悪し倒していた思春期の頃、隠居するといってとび出しての信州での日々、意識にのぼった京おんなとしての意地、そして東京、新しい家族をもつであろう未来のわたし…ホームタウンとはアイデンティティなのかもしれないと思う。

(写真上はPEACE ON会員でもあるWattan.こと渡邉修孝さん・下は同じく会員でジャーナリストの山口花能さん)
[PR]
by peaceonkaori | 2005-12-06 03:15 | イラク人来日プロジェクト

5人家族のように

24日、PEACE ON現地スタッフのサラマッド&アマラ夫妻が東京の空港に着いた頃、ハニさんとわたしは事務所で朝ごはんを食べたりお洗濯をしたり昼食の準備をしたりして過ごした。ハニさんはサラマッド達のために、チキンのスープを作っていた。TVで時代劇を見てハニさんは喜び、わたしはすきなキリンジの曲をかけてさり気なく聞かせたりした。
そしてそして、サラマッドとアマラが事務所に到着! なんとまあファンタスティックな瞬間だったでしょう。念願の、念願の、念願の来日ですもの。あのサラマッドが事務所の廊下を歩いていたりパスネット(東京圏交通各社共通のプリペイドカード)を使って改札をくぐっていたりするのが、面白くて仕方がない。この奇妙な感触は、しばしばわたしを笑わせた。

スーパーマーケットへ行く。オクラが10本で1ドル、おりんごも1つ1ドル、パンもじゃが芋もなにもかもが高過ぎて、みんなは馬鹿げていると大はしゃぎ。サラマッドが云う、「PEACE ONイラクプロジェクトよりも、ジャパン食糧支援プロジェクトを手掛けようぜ」!
お買い物に限らない。支援が必要なのは、日本のほうかもしれない。時々そう思う。

タイトなスケジュールと山積する仕事に追われて、毎日3時間ほどしか睡眠をとれていない。朝の6時まで起きているわたしにハニさんは、「クレイジーだよ、カオリはちゃんと寝なさい」とおっしゃる。そのとおりなんですが、あなたがたの来日が成功へと導かれるために、もうちょっとがんばらせて。

25日、北斎の絵をちらりと鑑賞してから、サラマッドとアマラとYATCHは明治学院高校で講演。ハニさんとわたしは合流した画家の増山麗奈ちゃん(PEACE ON会員でもあります)と、東京芸大に入り込む。先生にお話を伺ってみると、2年ほど前にイラクから何人かの美大生を招聘していたという。これには驚いた。学生も画家もお互いに行き交うようなことを仕掛けたいなあ、など思う。

夕方のラッシュ時に地下鉄に乗る。ハニさん、かたまる。「ジャパン、ムシュケラ(問題)」とここでも呟かれた。
ハニ個展のギャラリーでも、ポストカードや新たに作ったハニ図録を、「あげるんじゃなくて売るの?」と尋ねられる。やはりアーティストとしては来場者全員に、図録を配りたいらしい。物品販売はPEACE ONのたいせつな仕事の1つなわけで高品質のものをお売りしているつもりなのですが、そう云われるとなんだかじぶんがお金にまみれた人間に思えてくる。まあ、とにもかくにも図録は上出来と自負しているのでみなさんぜひにお買い求めくださいね。1部800円で、今ならハニさんのサインつき(←大量にサインさせるこの事務局員)。

夜はジャーナリストの常岡浩介さん邸にて、お鍋パーティ。常岡さんも安田純平さんも最近イラク入りを果たしている。もちろんサラマッドとは旧知の仲だ。イラーキーはお鍋を気に入ったもようで、ほっとあんしん。
かれらの短期滞在中にあちこちからお呼びがかかって有難い、でもぜんぶにお応えできずに申し訳なし。
[PR]
by peaceonkaori | 2005-12-04 04:24 | イラク人来日プロジェクト