NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月1日出国、13日帰国の予定で、シリアとヨルダンへ向かいます。
今回はわたしのみ、相澤恭行は日本におります。

おもな目的は、イラク現代アート展のための打ち合わせ、アラブ民芸雑貨の買い付け、続・シリアのイラク難民の調査。
急な渡航、イラク人スタッフも同行しないため、最大の目的である絵画20点を持ち帰る(重い!)以外についてはどこまでできるか分かりませんが、現地で思いっきり街を闊歩してこようと思います。はい。

現地のようすはこのブログにて報告しますので、ぜひチェックしてください(通信事情により、毎日の更新は難しいと思います。ご了承ください)。

ヨルダンでの携帯電話番号は、0799814362。日本などヨルダン以外からかける時は、+962-799814362です。シリアでの携帯電話は未定。
よろしくお願いします。

なお、帰国報告会はPEACE ON主催では今のところ予定していません。
11月19日の中和ギャラリーのオープニングパーティにて、アート報告をおこないます。

それでは、いってまいります!
[PR]
by peaceonkaori | 2007-10-31 23:31 | おしらせ
先月だったかに知った英文ブログ。ブログ内の自己紹介によれば、これはムハンマドというバグダードの25歳の歯医者さんが綴っている。PEACE ONイラク人スタッフのサラマッドに聞いてみると、かれはこのブログを知らなかったのだけれど、よいねえと云っていた。
「地獄」とも形容されるバグダード、そこに生きる一般市民がなにをどう感じ考え生活しているのか。どのように日常が壊されているのか。かれの息遣いまでつたわってくるようなていねいな文章。
→オリジナルブログ『Last Of Iraqis』

隣国シリアに一時避難していたムハンマドが再びバグダードへ戻るくだりは、写し出された朝日のその泣きたくなるほどのうつくしさがいっそう悲痛さをえぐり出している。ちょっと前にバグダードの少女によるブログ『バグダード・バーニング』を日本語で、かのじょの一家がついにバグダードからシリアに逃れたという細やかな場面を読んだばかりだったから、かれら/かのじょら固有の人生が狂わせられているさまがよけいに際立ったのかもしれない。

それにしても題名が『Last Of Iraqis』とは。本人も「イラク人は絶滅するんではないかと、悲しいことに僕は思う」と述べている。
「世界中のひとと悲しみの種を共有したい」とも書いていて、わたし達がイラクの人びとを知る責任を改めて教えてくれる。

すこし訳してみようかと思いつつまだ全部を読めていず、とノロノロしていたら、細井明美さんがご自身のブログで翻訳なさっていたのでご紹介。
→細井明美さんのブログ『日めくり』(現時点で2つの記事を翻訳されています。)

オリジナルのブログでは、ムハンマドのお家の水道水がいかに汚いかを記録した動画も見られるのも面白い。面白いといっても、発生したコレラへの深刻な恐怖をあらわしていて、決して笑うことなどできないのだけれど。その動画だけでもぜひ見てほしい。

願わくばこのブログの邦訳専用ブログが誕生してほしいなあ、と他力な願いを口にしてみる…。
[PR]
by peaceonkaori | 2007-10-14 23:22 | 読書/鑑賞
PEACE ONはこのたびメールマガジン『PEACE ON通信』を配信することにしました。

「PEACE ONってどんなことやってるの?」
「イラクは今どうなっているの?」
毎月1日と15日(予定)に、みなさまのお手許に最新情報をお届けします。
会員/非会員を問わずどなたでもどうぞ。
イラクとPEACE ONがぐんと身近になります!

このメールマガジンは「まぐまぐ」を使って無料配信します。
ご登録はこのURLからどうぞ。メールアドレスを入力するだけで、簡単に登録できます。
創刊0号バックナンバー(0号のため、発行部数0ですが)は、このURLで読めます。

それでは今後ともPEACE ONをご贔屓に。
[PR]
by peaceonkaori | 2007-10-08 19:19 | おしらせ