NPO法人PEACE ON相澤(高瀬)香緒里による日誌的記録(~2007年まで)


by peaceonkaori
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
先月だったかに知った英文ブログ。ブログ内の自己紹介によれば、これはムハンマドというバグダードの25歳の歯医者さんが綴っている。PEACE ONイラク人スタッフのサラマッドに聞いてみると、かれはこのブログを知らなかったのだけれど、よいねえと云っていた。
「地獄」とも形容されるバグダード、そこに生きる一般市民がなにをどう感じ考え生活しているのか。どのように日常が壊されているのか。かれの息遣いまでつたわってくるようなていねいな文章。
→オリジナルブログ『Last Of Iraqis』

隣国シリアに一時避難していたムハンマドが再びバグダードへ戻るくだりは、写し出された朝日のその泣きたくなるほどのうつくしさがいっそう悲痛さをえぐり出している。ちょっと前にバグダードの少女によるブログ『バグダード・バーニング』を日本語で、かのじょの一家がついにバグダードからシリアに逃れたという細やかな場面を読んだばかりだったから、かれら/かのじょら固有の人生が狂わせられているさまがよけいに際立ったのかもしれない。

それにしても題名が『Last Of Iraqis』とは。本人も「イラク人は絶滅するんではないかと、悲しいことに僕は思う」と述べている。
「世界中のひとと悲しみの種を共有したい」とも書いていて、わたし達がイラクの人びとを知る責任を改めて教えてくれる。

すこし訳してみようかと思いつつまだ全部を読めていず、とノロノロしていたら、細井明美さんがご自身のブログで翻訳なさっていたのでご紹介。
→細井明美さんのブログ『日めくり』(現時点で2つの記事を翻訳されています。)

オリジナルのブログでは、ムハンマドのお家の水道水がいかに汚いかを記録した動画も見られるのも面白い。面白いといっても、発生したコレラへの深刻な恐怖をあらわしていて、決して笑うことなどできないのだけれど。その動画だけでもぜひ見てほしい。

願わくばこのブログの邦訳専用ブログが誕生してほしいなあ、と他力な願いを口にしてみる…。
[PR]
# by peaceonkaori | 2007-10-14 23:22 | 読書/鑑賞
PEACE ONはこのたびメールマガジン『PEACE ON通信』を配信することにしました。

「PEACE ONってどんなことやってるの?」
「イラクは今どうなっているの?」
毎月1日と15日(予定)に、みなさまのお手許に最新情報をお届けします。
会員/非会員を問わずどなたでもどうぞ。
イラクとPEACE ONがぐんと身近になります!

このメールマガジンは「まぐまぐ」を使って無料配信します。
ご登録はこのURLからどうぞ。メールアドレスを入力するだけで、簡単に登録できます。
創刊0号バックナンバー(0号のため、発行部数0ですが)は、このURLで読めます。

それでは今後ともPEACE ONをご贔屓に。
[PR]
# by peaceonkaori | 2007-10-08 19:19 | おしらせ
安保理各国にミャンマー軍事政権の武力行使を阻止するよう求めるインターネット署名にサインはしたものの、いてもたってもいられなくなって、ビルマ大使館前での抗議行動に参加した。
大使館に近づくと、在日ビルマ人が現地語で叫ぶシュプレヒコールが聞こえてくる。テンポよくしゃきしゃきした声が住宅街に響き、恰好よい。恰好よいだなんてフキンシンなと思われるかもしれないが、イラクのデモの映像を見ていつも感じるように、やはり日本のそれとは異なり、当事者としての身体はった訴えが直にわたしの胸に届いて燃えるんである。
しかし日本人が少な過ぎた。わたしも1つのメールマガジンで情報を受け取っただけだから、広く知られていないのかもしれない。マスメディアが多く取材していたことが救いかも。
日本語でもやってくれたので、わたしも拳をあげて唱える。(囚人の釈放を)「急げ、急げ」、(国連は決議を)「急げ、急げ」、(武力行使を)「やめろ、やめろ」、(軍事政権を)「倒せ、倒せ」!
多くのビルマ人は「来てくれてありがとう、よろしく」と云うんであるが、隣のひとがぼそりと「うちらはもう20年もつづけているのに今さら…」と呟いた。これまでビルマ民主化運動に対してなにも行為してこなかった自分を省みる。せめて今こそと思う。精いっぱい、大使館にお花を投げ入れる。
(10/7追記*うえの段落、記述が不十分でした。コメント欄もあわせてお読みください。)
今日やって来たのは、大使館に抗議することよりも、ビルマの民衆に連帯の意を表することこそが、わたしなりの目的。イラクの民衆に対してと同じように、「わたし達は忘れない、諦めない」と伝えるために立ち上がった。
民衆の圧倒的なパワーを肌で感じた2時間だった。歴史の時に居合わせたと思えた。この感覚を大事に、活動していきたい。

明日も明後日も、抗議の声はつづきます。集まれるかたはぜひ。わたしも行きたいです。

●抗議行動●
9月29日(土)15:00~17:00
在日ビルマ大使館前(東京都品川区北品川4-8-26/JR品川駅高輪口から15分)

●デモ行進●
9月30日(日)14:00
五反田南公園(JR五反田駅)→在日ビルマ大使館(30~40分)
[PR]
# by peaceonkaori | 2007-09-29 01:03 | 国内活動
今年ヨルダンの首都アンマンで個展を成功させた画家の川口ゆうこさん(同行記は今年2月3月の該当記事をご参照ください)が、日本で個展を開催中。
昨日、銀座の画廊を訪れた。
e0058439_08174.jpg


初のアラブ滞在で相当に刺激を受けられたとことで、今回の展覧会のテーマもずばり「アラブ」。
旅の記憶を昇華させたような作品群。「異国の夜明け」から始まる物語-そういえば街に響く早朝のアザーン(イスラーム教の礼拝を呼びかける声)で目を覚まされていたっけ-は「Rebirth」を経て、最後は日本の風景を想わせる「帰郷」で幕を閉じる。静謐なのに奥のほうで燃えあがっている。
「Arabian」と題された連作では、モスク(イスラーム礼拝所)の愛らしいフォルム、艶が具象的に描かれている。その前でにやにやしてしまうわたし。

自分の身に明日なにが起こるかわからない、世界だってどうなるか。そんな「未知数」が、ひらひらと舞っている。
軽やかな跳躍がきゅんと眩しい展覧会。みなさまもぜひお愉しみください。

画廊企画 川口ゆうこSolo Exhibition 「未知数」第二章
9月24日(月)~29日(土) 11:00~18:00(最終日17:00)
画廊 宮坂(東京都中央区銀座7-12-5銀星ビル4階/03-3546-0370)
*お花、お菓子、お祝い等、遠慮させていただきます。
[PR]
# by peaceonkaori | 2007-09-27 00:08 | 読書/鑑賞
PEACE ONオフィシャルウェブサイトではお報せしていたのですが、こちらブログでも。

9月11日に引っ越しを終え、PEACE ONは新しい事務所にぶじ移転しました。
最寄り駅は、池袋から西武池袋線で準急16分のところにある保谷(ほうや)。駅から徒歩5分なのに、畑のひろがるノンビリしたところ。さっそく新鮮なお野菜をパクついています。

NPO法人PEACE ON
〒178-0064
東京都練馬区南大泉3-13-19 コンパス・ポイント105
Tel.Fax.03-6427-8583

今後ともPEACE ONをご贔屓に、よろしゅうお願いします。
[PR]
# by peaceonkaori | 2007-09-24 13:10 | おしらせ